オーダー水槽・規格外水槽、水槽台、飼育器具通販の東京アクアガーデン

水槽・濾過槽のお取り扱いのご注意

水槽・濾過槽のお取扱いのご注意

    丈夫に作られている製品ですが、水槽という構造上、気を付けていただかなければならない事項がございます。

    ※製品は万全の体制で製造しております。
    こちらでは保証対象外となる注意事項を掲載いたします。

アクリル製・ガラス製共通の注意事項

  • 水槽や濾過槽をご使用の際には、以下の事項にご注意ください。

    ◆必ず水平に設置してください。設置面に歪みがございますと、破損の原因になります。

    ◆水槽は重量がございますので、水を入れた時の重さなどを考慮し、十分な耐荷重のある水槽台や架台にご設置ください。

    ◆水槽と台の間には、水量によって底板が変形しないように、
    専用マットや滑り止め、厚い板を敷くとベストな状態で設置できます。アングル(角パイプ)架台の場合は、必ずコンパネ板を敷いてください。
    (発泡スチロールは使用しないでください)

    水平に置いてください!"

    ◆電化製品の近くには設置しないでください。

    ◆直射日光の当たる場所や温度・湿度の高い場所には設置しないでください。
    ガラス水槽の場合、屋外などの場所では、接合部分のシリコンが劣化し水漏れの原因となります。
    アクリル水槽の場合はアクリル板にヒビ(クラック)が入る恐れがございます。

    ガラス製、アクリル製の場合、直射日光は厳禁です!

    ◆耐熱性ではございません。熱湯を直接注がないでください。
    アクリルの場合、耐熱温度は60度です。

    ◆水槽を洗う場合、ガラス製は洗剤やシンナー、ベンジンなどの薬品は絶対に使用しないでください。シリコン部分が傷つかないよう柔らかい布で拭いてください。
    アクリル製は、樹脂の特性上、アルコール・シンナー・薬品(リン酸系)などを使用すると化学変化をおこします。絶対に使用しないでください。

    ◆水槽用ヒーターは直接アクリル板およびガラス板、塩ビ板に触れないようにご使用ください。
    また、極端に水の流れない場所への設置もしないでください。

    ◆オーバーフロー水槽の場合、オーバーフロー管の取りつけ・取り外し時は、
    パイプを左右に強く動かさず、ゆっくりと上へ引き上げてください。ソケットが外れる原因になります。

    ソケットの引き抜きはゆっくりと!

    ◆ご購入後の水槽のカスタマイズ(穴開け、接着、切断、塗装、シール、テープ)を施された水槽は保証対象外です。
    強度が保てなくなる場合がございますのでお控えください。

    ◆独自の水槽カスタマイズによる事故は、一切の責任を負いかねます。
     また、以下の場合による破損も保証対象外です。
    1.天変地異による破損
    2.生体及び生物による浸食または損傷
    3.観賞魚飼育以外に使用した際の損傷※
    ※特別なオーダーメイド品以外は、基本的に観賞魚用に製造しております。
  • 取り扱いの誤ったご使用による事故は一切の責任を負いかねます。
    予めご了承ください。

アクリル水槽・濾過槽のお取り扱いのご注意

  • ■フランジ及びセンターフランジは、水圧に耐えるための補強部品です。
    切り込みを入れるなど、独自のカスタマイズは破損の原因になります。
    コード穴などが必要な場合は、お見積り依頼時や、発注される際にご連絡ください。
    また、フランジをつかんで持ち上げないでください。

  • ■水槽上部への大型フィルターや、その他重量物を設置する場合も、必ずお尋ねの上ご発注ください。

  • ■アクリル水槽は樹脂の特性上、アルコール・シンナー・薬品(リン酸系)などを使用すると
    化学変化をおこします。絶対に使用しないでください。

  • ■アクリル及び塩ビ板は、ガラスより柔らかいため、傷がつきやすいです。
    お掃除の際は、メラミンスポンジや柔らかい布などをご使用ください。

  • ■水槽・観賞魚用の蛍光灯でも、熱量の高いライトや、紫外線・赤外線などのライトは
    水槽の破損につながります。直接使用しないでください。

ガラス水槽のお取り扱いのご注意

  • ■洗剤やシンナー、ベンジンなどの薬品は絶対に使用しないでください。
    また、シリコン部分が傷つかないよう、クレーパーなどのご使用の際には十分注意し、柔らかい布でお手入れください。

  • ■照明器具を乗せる場合は、必ずガラス製フタをご使用ください。

  • ■オールガラスの水槽(フチなしのガラス水槽)には、上部フィルターを乗せて使用しないでください。

  • ■背の高い水槽の場合、前面・側面のガラスをもって、お掃除などのメンテナンスは
    行わないでください。接着部のシリコンが伸びる、または剥離する原因になります。
    注意事項を守れば、製品の耐久年数は伸びます!適切な使用方法で、快適なアクアライフを実現しましょう。

お問い合わせフォーム

フォームでお問合せ

電話でお問合せ※バナーをクリックすると発信いたします。