オーダー水槽・規格外水槽、水槽台、飼育器具通販の東京アクアガーデン

オーダーメイド・アクリル水槽の制作現場をレポート

オーダーメイド・アクリル水槽の製作風景をご紹介!

  • 多くのお客様にご提供している『アクリル水槽』。
    外からの力に強く、万が一、割れても水漏れが穏やかな特性があります。
    そのため、耐震水槽として、近年さらに需要が高まっています。
    そんなアクリル水槽がどのように製作されているのか、ご紹介いたします。

工場の様子を見てみよう!

  • 1. 製作場と、材料保管庫
製作現場
材料置場
  • アクアガーデンのお届けするアクリル水槽は、最高の品質をお届けするために、すべて国内工場・国産材料で作られています。

    工場の製作場には、水槽製作に使用するさまざまな種類の道具が設備されています。
    使用される材料は、透明度が高く頑丈な国産のアクリル素材・カナセライトです。

  • 2. 大きな機械も登場!
アクリル断裁機
カッター
  • 頑丈なアクリル板をカットするための断裁機『NC旋盤』や、オーバーフロー用のパイプなどを切る『横切り旋盤』。どちらもミスの許されない高い技術を要する機械です。
    職人たちの技で正確にカットしていきます。

  • 3. 特殊な工具
種類豊富なドリル
接着の際に使用する工業用クリップ
  • 製作工程では、さまざまな工具を使用します。
    金属製で、棒状の『ハタガネ』やC字状の大きなクリップである『クランプ』、穴を開けるためのドリルなど、専門的な工具が並びます。



製作の現場を見てみよう!

  • 4. 裁断工程

裁断工程


  • まずは、材料であるアクリル板を寸法通りに裁断!
    裁断機で、垂直水平に、乱れなくカットしていきます。
    0.5mmでもずれれば、台無しになってしまいます。



塩ビ管裁断工程


  • オーバーフローなどに使う、塩ビ配管もカット!
    ソケットにしたり、なにかと使用することの多い素材です。


  • 5. 接着工程

溶剤接着


  • 水槽製作のメイン工程である、接着です!
    今回は溶剤接着のため、薬剤を使用し接着しています。
    均一に持ち上げたアクリル板の隙間に薬剤を注入後、クランプで固定し、定着・硬化させます。



  • 6. 仕上げ

キズ消し工程


  • アクリル水槽の美しさを最大限に引き出すために欠かせないのが、キズ消し工程です!
    小さな傷や、はみ出した溶剤を綺麗に整えていきます。
    非常に繊細な感覚が要求される工程です。



  • 7. 完成!

拭き上げ



  • 最後は丁寧に拭き上げることで、傷の無い、ピカピカのアクリル水槽が出来上がります。
    手前に置かれているのは、オーバーフローのコーナー加工の部品です。
    オプションがある場合は、こうした部品を組み合わせて、完成します。

梱包、出荷へ

  • 8. いよいよ出荷!
倉庫
丁寧に梱包いたします!


  • 完成したアクリル水槽は梱包され、出荷されます。
    緩衝材(発泡スチロールなど)で、運搬に耐えられる補強を施します。
    ここまでの工程のすべては、職人たちの手作業です!手作りだからこそ可能な、細部へのこだわりやアプローチによって、最高級のアクリル水槽は完成します。



出荷作業です。


  • 満足品質のアクリル水槽ならお任せください!
    ご注文をお待ちしております!




東京アクアガーデンでは、アクアリウムの情報サイト『トロピカ』を運営しております。
オーダーメイドや水槽設備に関する記事も多数掲載しています。ぜひご覧ください。



毎日更新!アクアリウム情報サイト・トロピカ



■オーダーメイド関連記事
【おすすめ 熱帯魚用水槽の選び方】
【水槽にも寿命がある!? 買い替え時期や耐用年数について!】
【おすすめ!オシャレな水槽台の選び方】
【オーダーメイド水槽台の魅力!!】
【オーダーメイド水槽・水槽台の搬入と設置について】

■地震対策関連記事
【いまからできる水槽の地震対策】
【水槽の地震対策】

■その他記事
【【初心者もこれで】水槽のコケ対策と種類をプロがアドバイス】



お問い合わせフォーム

フォームでお問合せ

電話でお問合せ※バナーをクリックすると発信いたします。