オーダー水槽・規格外水槽、水槽台、飼育器具通販の東京アクアガーデン

オーダーメイド-オーバーフローアクリル水槽について

こちらでは、オーバーフローアクリル水槽の各部位の呼び名や、その部位についての説明をしております。
オーダーメイド水槽のお問い合わせやご注文の際は、こちらのページをご参考ください。
お客様からのお問い合わせが多い内容を中心に掲載いたしました。
※画像の項目をクリックしていただきますと説明箇所に移動します。
(メインの水槽画像はオーバーフローコーナー加工です。)

オーダーメイド-オーバーフローアクリル水槽

point01 1.素材 point02 2.接着方法 point03 3.オーバーフロー point04 4.フランジ point05 5.穴あけ加工 point06 6、帯 point07 7、フタ point08 8、ソケット加工 point09 9、付属品

  • 部位や加工ごとに、補強オプションもございます。各オプションで得られる効果は以下の通りです。

アクリル水槽:補強オプションの効果について
  • お見積りは無料で承ります。お気軽にお問合せください。

フォームでお問合せ

電話でお問合せ※バナーをクリックすると発信いたします。

1.素材(アクリル)

素材はアクリル板です。アクリル板には「押し出し板」と「キャスト板」があります。

【 押し出し板 】
  • 粘土状にしたアクリル樹脂を、ローラーで押し出して板状にします。
  • 量産が出来るため安価です。
  • キャスト板と比べると、クラック(ヒビ)が入りやすいです。
  • 【 キャスト板 】
  • 2枚のガラスの間にアクリルの原材料を入れ、硬化させて製造します。
  • 押し出し板と比べると、クラック(ヒビ)が入りにくいです。
  • 輸入品に比べ、透明度が高く品質がよいです。
  • ※弊社では、JIS規格に基づいた国産のアクリル【 キャスト板 】を使用しています。
    ●色のついた板(色板)もあり、次のような利点があります。
  • 水槽の背面や側面に色板を使用すると、魚やサンゴ・水草が引き立って見えます。
  • 底面に使用することで、底砂を敷かなくても水槽台の天板が透けて見えなくなります。
  • 背面に色のついたシート(背面シート)を貼るよりも、光沢と透明感があります。
  • 背面シートのように傷や摩擦で剥げることがなく、長期の使用でも貼り直しの必要がありません。
  • ※通常のご注文は透明のみですが、オーダーメイドでは黒・白より選択していただけます。
    (ご希望がございましたらその他の色も対応可能です。)
     色付きにする面は背面だけに限らず、1面から4面まで指定できます。詳細はお問合せください。

    〜色付きのアクリル板を使用した水槽の例〜

    背面が黒いアクリル水槽
    背面が黒いアクリル水槽

    三面が黒いアクリル水槽
    三面が黒いアクリル水槽

    三面が白いアクリル水槽
    三面が白いアクリル水槽

    背面が青いアクリル水槽
    背面が青いアクリル水槽
    ●アクリル板の接着面が、白くなってきたら買換え・交換をお勧めします。

    2.接着方法(溶剤接着・重合接着)

    アクリル水槽は一般的に、5枚のアクリル板を貼り合わせて作られています。(底面1枚+側面4枚)
    このアクリル板同士を貼り合わせる時の方法には2つの種類があります。

    【 溶剤接着 】
  • 接着面のアクリル同士を溶かし合い接合します。
    アクリル板の接着面に、アクリルを溶かす溶剤を注射器などで注入し、時間をかけて乾かします。
  • 【 重合接着 】
  • 注入したアクリル剤を硬化させる事で接着します。
    アクリル板の接着面に隙間を設け、溶かしたアクリル剤を注入します。
  • 溶剤接着に比べ強度が高く、接着面の仕上がりも気泡が少なく綺麗です。
  •    ※弊社では溶剤接着、重合接着共に対応しております。

    3.オーバーフロー
    (三重管加工・コーナー加工・コの字加工)

    主に海水魚を飼う時に使用するのがオーバーフロー配管です。
    水槽内の水を濾過槽に落とし、きれいになった水を再び水槽へ戻すシステムに使用される配管のことです。そのシステムに必要な加工が下に紹介している「三重管加工」「コーナー加工」「コの字加工」の3つで、水槽内のむき出しのオーバーフロー管(フロー管)を隠す役割もあります。このシステムを使用している水槽が「オーバーフロー水槽」と呼ばれます。オーバーフロー水槽は淡水魚を飼うのには向きません。

    【 オーバーフロー加工の種類 】

    1.三重管加工
  • 配管の穴位置を水槽の真ん中に取り付けた際も、OFカバーによる面積のロスが少ないという利点があります。
  • コーナー加工やコの字加工よりも水槽が広く見えます。
  • ※OFカバーが筒状なため、中心から「給水管」「フロー管」「OFカバー」と三つの管が重なっています。そのことから「三重管加工」または「三重管」と呼ばれています。
    (後述の構造の説明をご参考ください。)
     
     ※三重管の径は、ご指定がなければ標準サイズ(外管:40A(約
      48mm)、内管:13A(約18mm))で製作いたします。
    三重管加工
    三重管加工

    2.コーナー加工
  • 三重管・コの字加工に比べ、更に加工費が安価です。
  • ※水槽の角(コーナー)に使用するところから「コーナー加工」または「コーナー」と呼ばれています。
    コーナー加工
    コーナー加工

    3.コの字加工
  • 三重管に比べ加工費が安価です。
  • OFコーナー加工に比べ、水槽を両面から見る際に適しています。
  • ※上から見た時に、OFカバーの形が「コ」の字になっているところから「コの字加工」または「コの字」と呼ばれています。
    コの字加工
    コの字加工

    4.その他
  • 半円加工や、オーバーフロー加工の数なども柔軟に対応しております。


  • 【 オーバーフロー配管・加工部分の構造 】
    「三重管加工」「コーナー加工」「コの字加工」ともに基本的には同じ構造で、[1]給水管・[2]フロー管・[3]OFカバーの三重構造になっています。(下の図は「コーナー加工」です。)
    [3]のOFカバーの違いで呼び分けています。
    [1]給水管
    [1]給水管
    [2]フロー管
    [2] フロー管
    [3] OFカバー
    [3] OFカバー
    [4]ベース
    [4] ベース
    [5]ソケット
    [5] ソケット
    [6] 吐き出し
    [6] 吐き出し
    ※底に砂を敷く場合はスリット穴の高さを調節できます。砂を敷く分の深さを残した位置から穴をあけ、砂がスリット穴に吸い込まれるのを防ぎます。

    【 選択可能な材質や色について 】

    1.三重管
  • アクリル(透明・黒・白)または塩ビ(グレー)からお選びいただけます。
  • 2.OFカバー
  • 黒・白・青からお選びいただけます。
  • ※ご指定のない場合、黒で制作いたします。
    ※その他の色をご希望する場合は、お問合せください。
    3.給水管・フロー管
  • アクリル(透明)または塩ビ(グレー)からお選びいただけます。
  •  ※給水口は、スリット加工(弊社推奨)と丸穴加工から選択できます。
    4.吐き出し
  • アクリル(透明)または塩ビ(グレー・ダークグレー)からお選びいただけます。
  • 【オーバーフロー加工費の目安】

    オーバーフロー加工には、水槽代金とは別に加工費がかかります。
    加工をご希望の際はお問い合わせ画面、注文画面時の備考欄に明記下さい。

    オーバーフロー加工コーナー直角型タイプ(ピストル付き) 1箇所¥6400〜
    オーバーフロー加工コーナーコの字型タイプ(ピストル付き) 1箇所¥8200〜
    オーバーフロー加工アクリル3重管(落水・給水パイプは塩ビ製、ピストル付き) 1箇所¥8500〜
    オーバーフロー加工塩ビ3重管(ピストル付き) 1箇所¥5400〜
    穴あけ加工ベース無し1箇所 ¥1600〜

    アクリル水槽は重合接着も承りますがサイズにより価格が異なるため、お問い合わせ下さい。
    ※オーバーフロー加工にはストレート型のピストルが付属されていますが、ご希望でしたらL 型にも変更できます。



    フォームでお問合せ

    電話でお問合せ※バナーをクリックすると発信いたします。

    4.フランジ
    (リブ・センターフランジ・天板くり抜き補強)

    水槽の強度を保つ為に取付ける補強です。
    アクリル水槽はガラス水槽よりも割れにくいのですが、水圧により膨らみが生じるため、フランジが必要です。

    【 補強の種類 】

    1.リブ
  • 水槽上部内側の縁部分を、1周囲うように取付ける補強です。
  • フタを乘せることが可能になります。
  • ※「フランジ」と呼ばれることもありますが、弊社では「リブ」という名称で統一させていただきます。(ご注文やお問い合わせの際に「センターフランジ」との区別を明確にするためです。)
    リブ
    リブ
    リブ・アップ画像
    リブ・アップ画像

    2.センターフランジ
  • 水槽上部、横幅の中央から奥行き方向に向かって橋を架けるように取付ける補強です。
  • ※板厚を厚くすることで、センターフランジなしで製作することも可能です。詳細はお問合せください。
    センターフランジ
    センターフランジ
    センターフランジ・アップ画像
    センターフランジ・アップ画像

    3.天板くり抜き補強
  • 一枚物のアクリル板を加工し、取付ける補強です。
  • 水槽の奥行が狭く、通常フランジ加工では開口部が狭くなってしまう場合に主に使用します。
  • リブやセンターフランジと比べ強度が高いです。
  • 接着箇所が少ないので見た目が綺麗です。
  • ※落とし込み加工も出来ます。(フタを水槽の縁より内側に収められるようになります。)
    天板くり抜き補強
    天板くり抜き補強
    天板くり抜き補強アップ
    天板くり抜き補強アップ

    5.穴あけ加工(リブ)

    必要に応じて穴あけ加工をします。水槽で熱帯魚を飼い始めてみると、穴がないがためにフタがちゃんと閉まらないなど、後から不具合がでてくることがあります。使用時のシュミレーションをしっかりとして、忘れずにオーダーしてください。

    【 リブの穴あけ 】
  • 配管やコードを通すことが出来ます。
  • 外部フィルターの仕様によっては、穴をあけなければ取付けられない場合もあるので注意が必要です。
  • ※フタをご使用の場合は、リブの穴位置に合わせて、フタに「U字加工」が必要です。(別料金をいただいております。)
    ※リブの穴あけは2か所まで無料です。
    リブに3か所穴を開けた例
    リブに3か所穴を開けた例

    ●穴あけ位置について
    図の赤で示した部分が穴あけ可能な範囲です。これ以外の部分への穴あけはリブの補強度が弱まり、水槽の破損などにも繋がる可能性があり危険です。
    ※ご希望があれば赤で示した範囲以外への穴あけ加工も可能ではありますが、弊社では非推奨です。非推奨部分に施した穴あけ加工が原因で水槽が破損などをした場合、弊社では責任を負いかねます。
    リブ穴あけ可能範囲
    リブ穴あけ可能範囲

    6.

    水槽の上部または下部の水平方向(アクリル板の接着断面が見える部分)に、ぐるりと一周貼る飾り帯です。

  • アクリル板の接着断面を隠すことができます
  • 長期の使用で接着箇所に汚れがついた際も、目立ちにくいです。
  • 上下に帯を使用した水槽
    上下に帯を使用した水槽

    7.フタ

    水の蒸発、魚の飛び出し防止です。フタの素材には、塩ビの他にポリカーボネートもございます。ポリカーボネートは塩ビよりも強度があり、透明度が高いです。

    1.通常使用時のフタ
  • リブまたは、天板くり抜き補強の上に乗せて使用します。
  • 通常使用のフタ
    通常使用のフタ

    2.フタボルト留め
  • 大型魚などの飛び出し防止にフタを固定します。
  • リブとフタをボルトでしっかりと留めます
  • ボルト留めをしたフタ
    ボルト留めをしたフタ
    フタボルトで留め・アップ画像
    フタボルトで留め・アップ画像

    3.U字加工
  • フタの端の部分をU字型に加工します。
  • 配線コードなどを通すことが出来ます。
  • U字加工をしたフタ
    U字加工をしたフタ
    U字加工をしたフタ・アップ画像
    U字加工をしたフタ・枠

    4.フタの割り方
  • アクリル水槽のフタは、左右2枚に分かれた「左右割」が一般的です。
  • ※弊社でも、特にご指定がなければ「左右割」の仕様で取り扱っております。
    左右割のフタ
    左右割のフタ

    8.ソケット加工

    水槽に配管などをつなぐために、ソケットを取り付ける加工です。

    【 ベース付き 】
  • 水槽の底面にベースを使用しソケットを接着します。
  • ソケット加工(ベース付き)
    ソケット加工(ベース付き)
    ソケット加工(ベース付き)・アップ画像
    ソケット加工(ベース付き)・枠

    【 ベースなし 】
  • 水槽の底面に直接ソケットを接着します。
  • ソケット加工(ベースなし)
    ソケット加工(ベースなし)
    ソケット加工(ベースなし)・アップ画像
    ソケット加工(ベースなし)・枠

    9.付属品(ピストル)

    オーバーフロー水槽には必需品といえる特殊な構造の配管パーツです。三股になっている管のように見ますが、細い管と太い管の二重構造になっています。

    【 ストレート型 】
  • 真っ直ぐな管の真ん中から、中を別ルートで通った細い管が出ているタイプです。
  • ストレート型[1]
    ストレート型[1]

    [1]を右側面から見た図
    [1]を右側面から見た図

    [1]を真上から見た図
    [1]を真上から見た図

    【 エルボ型 】
  • 短い管が90度曲がった形をしており、中から独立した細い管の先が出ています。
  • エルボ型[2]
    エルボ型[2]

    [2]を右側面から見た図
    [2]を右側面から見た図

    [2]を真上から見た図
    [2]を真上から見た図





    オーダーメイド水槽の解説・ご注文の流れについて


    オーダーメイドの解説・実例はこちらをご参照下さい。

    オーダーメイド水槽を解説!オリジナルのアクアリウムを手に入れよう!

    オーダーメイドのお問い合わせから、お支払、製作、運搬、納品までのながれは、こちらです。

    オーダーメイド水槽、水槽台、ろ過槽注文の流れについて

    お見積りは無料で承ります。お気軽にお問合せください。

    フォームでお問合せ

    電話でお問合せ※バナーをクリックすると発信いたします。